もう離さない いつまでも一緒

生きてるのも 生き抜くのも
この先ずっと この思いをしながら
生きなくてはいけないなんて
ここなら、少しは本音をいえるかな?
言ってもいいかな?

日曜 そして、今日 あの橋は、、、

日曜は隣り町まで家系ラーメンを食べに行ってきた

(👦は家系のラーメンて食べたことがあるのかな?わたしもこの何年かで初めて口にしたし

だから 子供達に家系なんて連れて行ったことはないし、しかも地元には山岡家しかないから、、、口にしたことあるのかな?)



行く途中に あの子が旅立った河原の橋が見える



あっ~


【このみち、よくヘルプで他のお店に行くとき通っていた!】

しかも、その橋はよく見ていた

『あんなとこに橋が見えるけど、私は使うことがない橋だから 通ることなんてないんだろうな。』



その昔は そんな事を思いながら見ていた橋だった🌉

まさか、その橋が後に辛い橋になるとは、、、



そして、今日は

旦那さんの首のヘルニアが悪化していて

私も仕事を休み

紹介状を出された病院が

ラーメンを食べに行った市内と同じで、、、運転手となり 向かった


あの子が最後に渡った あの橋を

又、見ながら向かった


釣りが好きだから

そこのスポットは

釣りをしている人なら皆

知っているらしい


でも、河川敷の為

車が一台そのスペースに入ってしまうと

先客あり、、

みたいな感じで

誰も入れないから、、、


だから



だから👦は余計に


見つけて貰うのが遅かったのかも



見つけてくれたパトロールの人は偶然にも

同じ地元の人で

しかも私の親友の弟の知りあい


警察に連絡したその前日にも

👦の車があった

でも釣りをしているんだろうと、、通過したらしい


そして、翌日に通ったら

又同じ👦の車があったので

確認をしにいったら...... 

との事だったらしい


これは警察の人からでなく親友から聞いた



そして

あの子の通夜に

私の仲間達が来てくれて

そのまま、弔いながら飲もうと

飲んでいた席で

👦の話をしてくれていたら、、、


同じ店にいた人が『それって、、』

と、、、声をかけてきた

偶然にも👦を見つけてくれたパトロールの人だった



本当に偶然って、あるんだなって話になったらしい


でも、その時の私の状態に

そんな話を出来るわけもなく


後にその話は聞いた



あの子は本当に


なんだか 縁を作る素質があるんだか、、、、



見ず知らずの人に見つけて貰った訳でなく


何だかんだ繋がった人に見つけて貰い、、、



秋にその話を聞いた時には、本当に驚いた



あそこに

一人で二週間近くいたのか、、

って

もう

思わないよいにしている


でも その思いがいつも来てしまう


朝晩必ず

同じ川の橋を渡る


場所は違くとも


この下流であの子は



一人で朝日を浴びていた

一人で夕日を浴びていた

一人で星空の下に

やっぱり毎日思ってしまう


川面を見ながら、、、

見ないようにするけど

つい、川のせせらぎを見てしまう


去年も同じことをこちらに

書いているけど


一年たっても

これは変わらないんだな


やっぱり


あの橋は


まだ見ない方がいいのかな?


最後の場所にはまだ二回しか

いってない


行きたいと思うときが来たら又行く


やっぱり


辛いから、、、、



その時まで


まだ

あの橋は


見ない方がいいのかも



穏やかでなくなっている自分がわかる



今日は仕事を休んだから明日いきたくないな


(まるで、子供のようだ( ̄ー ̄))


👦に 会いたい

触れたい

話したい


戻りたい

今日は やたらに、、、

本日二回目!!


息子の入ってるペンダントを

枕の下に忘れたまま 仕事に来てしまった💦


一回目はあの子の 命日に実家に泊り

ペンダントを外し

仏壇に置いた


そしたらそのまま帰ってしまい

😰


初めて 👦と、、、一緒にいない職場!

私は大丈夫かな?


何とか大丈夫だった




今日は、、、


ペンダントを忘れたせいじゃないなー


やたら、、


なんでいないの?


なんでいないのかな?


なんで私の⚪⚪がいないの?


呟いていた


現実が嫌になった


ごまかしが効かない日だった


過去に行ける全ての道具がほしい


タイムマシーン

もしもBox

デロリアン


過去に行って

いつの日からをくい止めたい


私に奇跡がほしい



👦を戻してほしい



なんでいないのかな


どうして


いないのかな



会いたい



やっぱり


今が


これが


私の現実なのかな



辛い



どうあがいても


時は戻らない



あの子はいない



私のあの子がいない



なんで


どうして 先にいっちゃったのかな



会いたいな


あいたいよぉ

13回目の、、、

今日は、あの子が旅立ち、、、

13回目となる日


本当は昨日だろうけど

位牌には今日の日付け


GW空けから毎日の残業と

土曜日出勤を

していたので 思うように

家の掃除が出来ず💦


昨日は、お昼であがり

旦那さんが半日で仕事を終え

帰ってくるまでの間に

掃除が出来て 我れながら満足✌



👦のあれこれ飾ってある棚は

すぐに誇りだらけになってしまうし

きれいになって 喜んでるかな😌


先週は、一度だけ 定時であがり

実家でにゃんこ とゆっくり遊んで

六時半くらいに自宅に戻った


西に向かう車の中で

夕日が眩しくて


あっ?

と去年の今頃を思い出した


長男は、普段ひとり暮しだが

👦の納骨が終わるまでは

地元の営業所にしてもらい

実家にいた


そのため、私が毎朝、毎晩

長男を事務所まで送迎していた


長男を車から下ろすと

車の中で朝日を見ながら泣いて


夕刻 長男を迎えに行く前に

夕日を見ながら泣いて


そんな時期だったなーと、、、



人前で泣けないから

車の中で思いっきり泣いていた


あの子のお骨が入っている

桐箱をいつも さすっていた


いろんな処理に追われていた

あの時期だった




そんな👦が土曜日の朝夢に来てくれた

やっぱり小学校三年くらいかな。


二つのシーンに別れて登場🌼


抱き締めることも

会話もなかったけど………………



懐かしい見覚えのある あの洋服を着ていたのが印象的で......


五月は三回会えた✨


一年を迎えねばならない

五月は 辛かったな


そんな五月がもうすぐ終わる


私は去年の梅雨の印象が全くない

梅雨があったのかすらも

全く記憶にない

毎日 息をすることで必死だった

本当なら 息をとめて 何もかも

捨てて 👦の元に行きたかった時期

だからかな?

記憶がない



ただ、納骨の後の毎日通った

霊園は たまらなく 暑い!

墓石で目玉焼が焼ける❗

そのくらい暑かったのはしっかり覚えている


六月になればこちらも梅雨入り


今年は四季感が きちんとわかるはず

一年が経ち

当初に比べたら 少しは

しっかりしたはず


👦と全ての事を 共有しながら

毎日を過ごして行こう





👦~

今日は、お墓の後

美味しいもんでも

食べてこよーね😊🌼